ぽことも成長日誌

28歳♂と21歳♀のカップルの私生活です

ぽこたんのゲーム年表~PlayStation編~

PS5が当たらねぇ、、、

 

こんなにも手に入れずらいゲーム機ってあったっけ?

中学生のころ発売されたニンテンドーWiiはメディアでも沢山取り上げられて、生産が追いつかなかったのか、これも抽選販売で手に入れた。

この時は確か家族分の名義で応募してまさかの二口当選して妹の分と2台とも購入した

妹はその後売っちゃったけど

 

僕は家庭用ゲーム機はニンテンドーのハードの方が馴染み深い。

親もゲームする人だったので、物心ついた時からマリオに触れてきた

 

でも、PlayStationのゲームも好きだ。

ネットとか見てると任天堂ユーザーとPSユーザーの小競り合いみたいなのたまに見るけど、同じゲーム好きとしてどっちも楽しめばいいと思う。

金はかかるけどな!

 

てなわけで、今日は僕のPlayStation年表を書いてみる。

 

まず僕は初代PlayStationは全く触れてこなかった。

確かこれはNINTENDO64と同世代のゲーム機で、僕はロクヨンでひたすらマリオマリオだったな。

特に周りでも初代PlayStationの話題とかはなかったと思う。

 

次はPlayStation 2

これは親と祖父母に無理を言って買ってもらった。

当時仲良くしていた友達が鬼武者2』をプレイしていてそれがとてもうらやましかった。このゲームをやらないと友達の話題についていけないとか言って家族を困らせた覚えがある。←ばぁちゃんごめんね

 

ちなみに買ってもらった日はクリスマスでもなければ誕生日でもない笑

何かを買ってもらう時は兄妹一緒に買ってもらっていたのだが、この時妹はミニモニのおもちゃのギターを買ってもらっていた。

価格にしておそらく1/10以下だったと思う。←妹よごめんね

 

そこまでして買ってもらったPS2鬼武者2』もちろんたくさんプレイした。

まず、今までプレイしてきた任天堂のゲームと違いキャラクターや背景がとてもリアルで驚いた。そして対象年齢が子供向けの作品ではなかったので、血の表現とかにドキドキしていた。

書いてたら久々にやりたくなってきたな笑

鬼武者2』よりも長く多くプレイしたのがドラゴンボールシリーズ』だ!

ドラゴンボールは原作から好きで、ゲームは「ドラゴンボールZ」、「ドラゴンボールZ3」、「ドラゴンボールZスパーキングシリーズ」といろいろプレイした。

Z3をプレイしていたころはドラクエ8も流行っていたな!

特に思い入れのあるものはドラゴンボールZスパーキングメテオ』!

この作品はドラゴンボールのゲームの中でも名作と呼び声高く、今でも通用するゲームだと思う。

ドラゴンボールのバトルの仕様が良く表現されていて、プレイしていてアクションが楽しい。自分で戦っている感がある!

ストーリーモードも原作を思い出させる完成度で、このゲームは何よりキャラ数が多い!こんなキャラまで出てくる!?ってほどの多さだった。

 

この調子じゃ長い記事になりそうだが次はPlayStation 3

これは買ったタイミングがだいぶ遅くてPS4が発表されるちょっと前とかだった気がする。周りの友達が任天堂から離れる人が増え始めさみしい思いをしつつも僕は中々手を出さなかった。

 

確か発売当初のものはPS2との互換性があってめちゃくちゃ高かったんだよね。

僕が買ったのは大分安くなってからで、こんなに安く買えるんならやりたいソフトもあるしって感じで購入した。

本体と同時に買ったのは、バイオハザード5戦場のヴァルキュリア

バイオ5はWii版の『バイオハザード4』にドハマりしたのでずっと興味があった。

戦ヴァルはゲームのCM見て興味あったし、アニメも見ていたのでいつかやりたいと思っていた。この2作品もどっちも評価高いよね。

バイオ5はco-opという二人で協力してプレイすることが出来るというのが話題になっていた。このゲームも今でも楽しめると思うので、ぜひお姫とクリアまで行きたい!

 

そしてプレステのゲームの中で運命の出会いを果たした。

 

龍が如くシリーズ』!!

 

 

龍が如く 極 新価格版 - PS4

龍が如く 極 新価格版 - PS4

  • 発売日: 2017/09/21
  • メディア: Video Game
 

 

 

このゲームは僕がPS3を買う前から名前は知っていたがさほど興味はなかったのだが、PS4と同時発売されたスピンオフの龍が如く維新のPVを見たときにピンときてしまってPS3版を衝動買いしてしまった。

ストーリーもキャラクターもドハマりして一気にのめり込んでいった!

維新もその次に出た『龍が如く0』もめちゃくちゃやり込んだ。

この作品はナンバリングタイトルでこの時点ですでに1~5まで発売されていたので、スピンオフ作品から始めて前日譚である0で本格的にハマるというよく分らん龍が如くデビューを果たした笑

 

そしてこのゲームとの出会いをきっかけにPlayStation 4を購入することとなる。

PS4を買った理由としては龍が如くシリーズ最新作の6がPS4でしか発売されないと知ったからだ。

これを機にPS4を購入し維新と0もPS4版を買いなおした🤣

 

 

龍が如く 維新! 新価格版 - PS4

龍が如く 維新! 新価格版 - PS4

  • 発売日: 2015/11/05
  • メディア: Video Game
 

 

 

龍が如く0 誓いの場所 新価格版 - PS4

龍が如く0 誓いの場所 新価格版 - PS4

  • 発売日: 2016/03/17
  • メディア: Video Game
 

 

ゲームの話になると前回の記事でも言っていたがこのゲームも絶対お姫にもプレイさせたい笑

 

他にもキムタクが如くの話やアサクリシーズとかハマったゲームはいっぱいあるが、大分長くなってきたので、また機会があれば書く。

 

以上、ブログ書くとき1000文字超えだすとダレ始めてくると気づいた話でした。